理美容師の皆さまへ


理美容師の皆さまへ大切なお知らせとお願い

ご使用の際は使用説明書を必ず最後までよく読んで正しくお使いください。
ヘアカラー(酸化染毛剤)は添付の使用説明書に従って正しくご使用いただければ、安心してお使いいただける製品です。
しかし、ヘアカラーでも、体質、肌の状態によっては、かぶれを起こすことがあり、多くの場合、酸化染料が原因のアレルギー反応です。これまで問題なく使用してきた製品であっても、アレルギー反応はある日突然に起こることから、お客さまが過去に毛染めで異常を感じた経験の有無や、施術当日の肌の健康状態等、ヘアカラーの使用に適することを確認してから施術してください。

製品正面へ記載した注意事項

平成 27 年 10 月 23 日付け「染毛剤、脱色剤及び脱染剤の使用上の注意について」(薬生安発 1023 第1号 厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課長通知)の通知を受け、毛染めによる皮膚障害の発症や重篤化を防止するため、情報提供の内容や伝達手段の検討を行った結果、染毛前にお客さまへヘアカラーに関するリスク等を理美容師が明確に説明できる手段として、製品正面に記載する注意事項を新たに定めました。

お客様にヘアカラーのリスクと皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の必要性をご説明ください。

ヘアカラーでかぶれたことのある方には絶対に使用しないでください。

かぶれを繰り返すと重篤化することがあります。

製品正面へ記載した注意事項の説明

■お客様にヘアカラーのリスクと皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の必要性をご説明ください。

業務用製品は理美容師が施術することを前提に製造販売されており、お客さまが直接製品を目にする機会はまれです。従って、記載の対象を理美容師とし、ヘアカラーのリスクやパッチテストの必要性について、お客さまに説明していただくことを注意事項としました。
ヘアカラーのリスクとは具体的に、「ヘアカラーによるかぶれは、頭・髪の生え際・顔・首筋などに、かゆみ・はれ・赤み・ブツブツなどの症状がでることをいい、かゆみしか感じないこともあります。かぶれと気づかずに、又はかぶれの症状が軽いために使用を繰り返したり、症状が治まった後に再使用したりすると、次第に症状が重くなり、まれに「アナフィラキシー」という重篤なアレルギー反応(全身じんま疹、呼吸困難など)等が突然起こることがあり危険です。このようなかぶれの症状を経験された方は、絶対に使用しないでください。」などのことを示します。

■ヘアカラーでかぶれたことのある方には絶対に使用しないでください。

かぶれと気づかずに、又はかぶれの症状が軽いために使用を繰り返したり、症状が治まった後に再使用したりすると、次第に症状が重くなり、まれに重篤なアレルギー反応(全身じんま疹、呼吸困難など)が突然起こることがあり危険です。

症状がかゆみだけであっても、使用毎に感じたり、強く感じたりした場合は、ヘアカラーによるアレルギー反応の可能性があります。

今後はいずれのヘアカラーも施術できません。ヘアマニキュアなどの半永久染毛料や非酸化染毛剤をご提案ください。

これまでにかぶれた方には、パッチテストもおすすめしないでください。

■かぶれを繰り返すと重篤化することがあります。

ヘアカラーによって頭皮等に異常が生じても、「かぶれと認識しない」、「かぶれが生じても我慢する」、「理美容室や製品を変えれば解決すると考える」お客さまがいるため、理美容師はヘアカラーのリスクに関する情報を正しく伝えることが重要であると考え、注意事項としました。

ヘアカラーを施術してはいけないお客さま

次の方にはヘアカラーを施術しないでください。

今までに本品に限らずヘアカラーでかぶれたことのある方

染毛中または直後に、じんま疹(かゆみ、発疹、発赤)あるいは気分の悪さ(息苦しさ、めまい等)を経験したことのある方

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の結果、皮膚に異常を感じた方

頭皮あるいは皮膚が過敏な状態になっている方(病中、病後の回復期、生理時、妊娠中等)

頭、顔、首筋に、はれもの、傷、皮膚病がある方

腎臓病、血液疾患等の既往症がある方

体調不良の症状が持続する方(微熱、倦怠感、動悸、息切れ、紫斑、出血しやすい、月経等の出血が止まりにくい等)

理美容師の皆さまへのお願い

使用説明書をよく読んで、正しくお使いください。
あなた自身とお客さまをアレルギーのリスクから守るために、以下のことを実施してください。

ヘアカラーに直接触れる作業をおこなう時(施術、すすぎ等)は、必ず手袋を着用してください。

お客さまとのコミュニケーションを通じて、ヘアカラーやアレルギー反応の特性、対応策等について情報提供を行ってください。

お客さまが過去にヘアカラーで異常を感じた経験の有無や、施術当日の肌の健康状態等、ヘアカラーの使用に適することを確認してください。

ヘアカラーを用いた施術が適さないお客さまに対しては、ヘアカラーのリスクを丁寧に説明するとともに、ヘアカラー以外のヘアカラーリング製品(例えば染毛料等)を用いた施術等の代替案を提案すること等により、ヘアカラーを使用しないでください。