Q&A

ヘアカラー製品の選び方など

白髪用ヘアカラーと黒髪用ヘアカラーの違いは何ですか?
白髪用ヘアカラーは、白髪を黒または黒に近い色に染めるものです。黒髪用ヘアカラーは、おしゃれ染めと呼ぶこともあり、黒系以外の明るい色(ブラウン系、レッド系など)に染めるものです。

 黒髪用ヘアカラーは黒髪や黒髪が明るくなった髪に適した色作りをしているのに対し、白髪用ヘアカラーは白髪と黒髪の色味を合わせるような色作りをしていますので、黒髪用ヘアカラーを白髪に使って染めてしまいますと、白髪が染まらなかったり、不自然な色味になったりすることがあります。また、明るい色を希望しているのに白髪用ヘアカラーを使って染めてしまいますと、髪は黒っぽく暗い色に染まり、当初希望していたおしゃれ感覚の明るい色に染め変えるのはなかなか困難です。白髪を染めたいときは、白髪用ヘアカラーを使うようにしましょう。

▲ページTOPへ


これまでは女性用ヘアカラーを使っていましたが、男性用を使ってみたいと思います。どのような違いがありますか?
色味や使い勝手などをお気に入りいただければ、女性用・男性用にこだわらず、ご使用いただけます。詳しくは、メーカーにご相談ください。

 男性用・女性用とも基本的な成分に差はありませんが、色調や香りなどについては、それぞれに好まれる仕上がりになるように作られています。また、男性は女性に比べて髪が短い方が多いため、多くの製品ではブラシやコームなどの塗布具が短髪に合わせた使い勝手になっています。

▲ページTOPへ


ヘアマニキュアで染めた髪にヘアカラーを使用できますか?
ヘアマニキュアの染料は、ヘアカラーを使っても分解しません。また、ヘアカラーが毛髪内部に浸透しにくくなって、ムラに染まったり、良く染まらなかったりします。ヘアマニキュアを使用した回数や使用量にもよりますが、1~2日に1回シャンプーするとして、ヘアマニキュアで染毛した後に3週間~1ヶ月程度の間を置いて、ヘアカラーで染毛するとよいでしょう。

▲ページTOPへ


ヘナ(ヘンナ)という植物を成分とした染毛料があるそうですが、どのようなものですか?
日本で販売されているヘナ製品のほとんどは、色素も同時に配合された化粧品(半永久染毛料)です。ヘナを成分として含んでいるヘアカラーリング製品を使用される場合にも、使用説明書にしたがって、毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。

 ヘナはミソハギ科の潅木で、すでに西暦前にはエジプトやインドなどで染毛に使われていたという文献があります。ヘナだけで染毛した色は淡赤~淡褐色で、日本人の白髪を染めてもほとんど効果はありません。欧米では、もっと黒に近い暗い色に染めるヘナ製品が販売されているようですが、このような製品は酸化染料を配合しており、人によっては皮膚トラブルを起こすことがあります。

▲ページTOPへ


光にあたると白髪が染まるというヘアクリームがあるそうですが、どのようなものですか?
これは銀塩を配合した白髪染めヘアクリームで、繰り返し髪につけて光にあたると徐々に発色し、白髪を少しずつ染める製品です。このような製品を使用した髪に、ヘアカラー(酸化染毛剤)で染毛すると銀塩にも酸化染料にも変色が生じ、希望通りの色に染まらないことがありますので注意が必要です。

▲ページTOPへ


子供にヘアカラーを使いたいのですが、良いですか?
お子様にはヘアカラーを使用しないようにお願いしています。

 お子様は、自分の頭皮や皮膚の状態を判断したり、保護者の方に正確に伝えたりすることができません。また、皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を適切に行うことも困難です。なお、お子様の頭皮や毛髪は大人よりも弱く、アルカリなどの刺激を受けやすいともいわれております。

▲ページTOPへ


頭(または顔、首筋)に傷があるのですが、ヘアカラーしても良いですか?
頭、顔、首筋に、はれもの、傷、または皮膚病がある方は、刺激を受けやすくなっていますので、ヘアカラーの使用をおやめください。

 顔そり直後は皮膚が細かく傷ついているおそれがあり、刺激等を受けやすくなりますので、ヘアカラーの使用は避けてください。

▲ページTOPへ


病中、病後の回復期、生理時、妊娠中にヘアカラーは使用してはいけないのですか?
ヘアカラーを使用しないでください。

 病中、病後の回復期、生理時、妊娠中は、頭皮や皮膚が過敏な状態になっていることが多いので、かぶれを起こす可能性があります。

▲ページTOPへ