Q&A

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)はなぜ必要ですか?
ヘアカラーを使用できるかどうかを事前に調べるために、染毛の前にパッチテストが必要です。

 永久染毛剤(酸化染毛剤と非酸化染毛剤)を使ってかぶれ(特にアレルギー症状)が起こるかどうかを事前に調べる現在最も有効なテストです。ヘアカラーを安全にお使いいただくために、染毛前には毎回必ずパッチテストを行い、かぶれないことを確認してからご使用ください。

▲ページTOPへ

 

ヘアカラーを使う前には、なぜ「毎回必ず」皮膚アレルギー試験(パッチテスト)が必要なのですか?
ある日突然に花粉症となるように、アレルギー症状がいつ起こるようになるのかは予測できません。パッチテストは毎回必ず必要です。

▲ページTOPへ

 

今まで、ヘアカラーでかぶれたことがありません。皮膚アレルギー試験(パッチテスト)が必要ですか?
それでも皮膚アレルギー試験(パッチテスト)は必要です

 これまでに何度もヘアカラーを使用して問題なかった方でも、花粉症と同様に、ある日突然にアレルギー症状が出ることがあるので、パッチテストは毎回必ず必要です。

 染毛剤の有効成分の染料が、アレルギーの原因になることがあります。別メーカーの製品を使用する場合はもちろんのこと、これまで長年の使用で問題なかった同じメーカーの同じ色番の製品を使用する場合であっても、毎回必ずパッチテストを行う必要があります。

▲ページTOPへ

 

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)はめんどうです。他にもっと簡単な方法はありませんか?
現在のところ、パッチテストに代わる簡単な方法はありません。

 パッチテストは、ヘアカラーの使用によりかぶれ(アレルギー症状)が起こるかどうかを、事前に、お客様ご自身で確認できる現在最も有効なテストです。ヘアカラーを安全にお使い頂くために、ごめんどうでも、使用説明書に従い、毎回必ず、染毛予定の48時間前からパッチテストを行ってください。

【もっと詳しく】パッチテストは、ヘアカラーの使用によりアレルギー症状が起こるかどうかを調べる最も有効な方法で、現在のところ、このテストに代わる試験方法は知られていません。この判断のためには、テスト開始の短時間後に起こる反応(即時型反応)と、長時間後に起こる反応(遅延型反応)の両方を調べる必要があります。そのためには、テスト部位に塗布した後、30分くらい後と48時間後の2回の観察が必要です。使用説明書に従って、毎回必ず、染毛の48時間前に皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行ってください。

▲ページTOPへ

 

染毛する48時間も前に皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を始めるのはなぜですか?
染毛によりアレルギー症状が起きるかどうかを正確に判断するためには、テスト部位に塗布した後、30分くらい後と48時間後の2回の観察が必要です。このため、染毛予定の48時間前からパッチテストを開始することが必要です。

【もっと詳しく】パッチテストは、ヘアカラーの使用によりアレルギー症状が起こるかどうかを調べる最も有効な方法で、現在のところ、このテストに代わる試験方法は知られていません。この判断のためには、テスト開始の短時間後に起こる反応(即時型反応)と、長時間後に起こる反応(遅延型反応)の両方を調べる必要があります。そのためには、テスト部位に塗布した後、30分くらい後と48時間後の2回の観察が必要です。使用説明書に従って、毎回必ず、染毛の48時間前に皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行ってください。

▲ページTOPへ

 

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)で、テスト部位の観察を30分後と48時間後の2回も行うのはなぜですか?
パッチテストでは、テスト開始後すぐに起こる反応と、長時間後に起こる反応の両方を調べる必要があるためです。

 ヘアカラーによるアレルギー反応には、染毛後まもなくに起こる即時型アレルギー反応と、およそ48時間後に起こる遅延型アレルギー反応の2種類が知られています。どちらの反応も起こらないことを確認するために、パッチテストではテスト部位に塗布した後、30分くらい後と48時間後の2回の観察が必要です。

【もっと詳しく】パッチテストは、ヘアカラーの使用によりアレルギー症状が起こるかどうかを調べる最も有効な方法で、現在のところ、このテストに代わる試験方法は知られていません。この判断のためには、テスト開始の短時間後に起こる反応(即時型反応)と、長時間後に起こる反応(遅延型反応)の両方を調べる必要があります。そのためには、テスト部位に塗布した後、30分くらい後と48時間後の2回の観察が必要です。使用説明書に従って、毎回必ず、染毛の48時間前に皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行ってください。

▲ページTOPへ

 

48時間の皮膚アレルギー試験(パッチテスト)中に、入浴したりシャワーをしたりしてもよいでしょうか?
パッチテスト中はテスト部位を濡らさないために、入浴やシャワーを控えてください。

 パッチテストで正しい結果を得るためには、48時間のパッチテスト中に、テスト部位を濡らしたり、擦ったり、シールを貼ったりしないことが必要です。やむなくシャワー等する場合には、テスト部位を濡らさないようにご注意ください。

▲ページTOPへ

 

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしたら、赤みやかゆみがでました。その日は染めるのをやめました。別の日に染めれば良いですか?
別の日であっても、染毛はしないでください。

 パッチテストで皮膚の異常を認めた場合、ヘアカラーのアレルギーになっている可能性があります。このアレルギーは一生続くとも言われているため、一度でも異常が出ると、以後は別の日であっても、ヘアカラーを使うことができません。

【もっと詳しく】皮膚アレルギー試験(パッチテスト)のテスト部位で観察される皮膚の異常とは、テスト部位に、かゆみ・発赤・発疹(丘疹や小水疱)・腫れなどを認めることです。皮膚の異常がひどいと、テスト部位の周囲に拡大して認められることがあります。

▲ページTOPへ

 

ヘアカラーの皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしたら、赤みやかゆみが出たので、染めるのをやめました。別の日にもう一度テストして、異常がなければ染めても良いですか?
一度でもパッチテストで皮膚に異常があった場合には、たとえ別の日にテストを行い異常がなくても、染毛はしないでください。

 パッチテストで一度でも皮膚に異常があった場合、ヘアカラーのアレルギーになっている可能性があります。たとえ別の日にもう一度パッチテストを行い、皮膚の異常がなくても、染毛するとアレルギー症状が起きるおそれがあります。このため、一度でもパッチテストで皮膚に異常があった場合には、それ以後、パッチテストに使用したヘアカラーだけでなく、全てのヘアカラー(酸化染毛剤)を使用しないでください。パッチテストもしないでください。

【もっと詳しく】皮膚アレルギー試験(パッチテスト)のテスト部位で観察される皮膚の異常とは、テスト部位に、かゆみ・発赤・発疹(丘疹や小水疱)・腫れなどを認めることです。皮膚の異常がひどいと、テスト部位の周囲に拡大して認められることがあります。

▲ページTOPへ

 

これまでにヘアカラーを使用してかぶれたことがあります。もう一度皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をして、皮膚の異常がなければ染毛しても良いですか?
これまでにヘアカラーにかぶれたことのある方は、今後は全てのヘアカラー(酸化染毛剤)を使用しないでください。パッチテストも実施しないでください。

 ヘアカラーに一度でもかぶれた場合、アレルギーになっていることがあり、次に染毛するとかぶれ症状はひどくなり、更には重いアレルギー症状が出ることがあります。このために、一度でもヘアカラーにかぶれたことのある方は、今後は全てのヘアカラー(酸化染毛剤)を絶対に使用しないでください。パッチテストもしないでください。

▲ページTOPへ

 

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)でおこる “皮膚の異常”を具体的に教えてください。
かゆみや刺激感などを感じたり、赤み・腫れ・ブツブツ(丘疹や小水疱)を生じたりします。また、ひどくなると、薬剤を塗布したテスト部位のまわりにも異常がでてくることがあります。

▲ページTOPへ