ヘアカラーカルチャー 古代から近代まで

古代

 紀元前3500年の頬や唇を彩色するための化粧品が古代エジプトの遺物として発見されており、すでにその頃には、エジプト人は爪、掌、足の裏とともに髪をヘナ(ヘンナ)で赤橙色に染めていました。また、アッシリア人は、ヘナで髪や眉を染めていましたし、動植物・鉱物から作られた白髪染めを使用していたという記録も残っています。

 古代ギリシアでは、男女ともに金髪が嗜好されました。喜劇作者メナンドロスは、アルカリを牛脂で固めた軟膏を髪にすり込み、何時間も無帽で太陽の下に座り続けて髪色を脱色する人々の様子を作品中に残しています。

 シーザーが北欧系婦人を捕虜としてローマに連れ帰って以来、古代ローマの貴婦人達は、金髪に強く憧れ、自分達の茶色の髪を金髪にするために大変な努力を重ねていたそうです。灰分(アルカリ)と太陽光によって金髪を得ていたようで、同時に髪をひどく傷めました。

中世

 中世は、キリスト教が染毛だけでなく、化粧全般を全て不道徳なものとしたため、千年間の長きにわたって、染毛は排斥され続けました。

 しかし、当時辺境の地に住んでいたアングロ・サクソン人を描いた彩色画には、男女ともに髪が青く彩色されており、実際に髪を青く染めていたと考えられています。このように、文化的に髪を染めるという行為は細々ながらも続けられていたようです。

近世

 ルネッサンス後期の16世紀の終わり頃、ベニスで再び金髪がブームとなりましたが、その方法は、やはりアルカリで洗った髪を太陽光に数時間もさらし続けて脱色するものでした。ナポリの博学者ジャンバッティスタ・デッラ・ポルタは、染毛剤あるいは脱色剤の処方をいくつか記述しています。

 17世紀に入ると、イギリスのエリザベス一世が赤毛であり、その赤毛を強調するようなファンションが流行となったことも影響して、かつらや染毛剤が市民権を得るようになりました。例えば、燃料コークスを発明したヒュー・プラットは、「30分間で頭髪とひげを栗色にする方法」を紹介しています。

日本おいては

 一方、日本の染毛についてはどうかといえば、武蔵国幡羅郡長井庄(埼玉県熊谷市)を本拠とする武将 斎藤実盛が、寿永2年(1183年)に木曾義仲追討のため北陸に出陣した篠原の戦いで、「最後こそ若々しく戦いたい」という思いから、白髪染めをして出陣したとされています。この頃の染毛には、鉱物性の無機顔料などが使用されていましたので、首実検の際にもすぐには実盛本人と分からなかったが、首を付近の池にて洗わせたところ、みるみる白髪に変わったため、ついにその死が確認されたと伝えられています(平家物語巻第七「実盛最期」)。また、この他、1813年に白髪を黒くし光沢を出す薬の伝として、ザクロの皮を煎じて塗る方法、クワの白木根を生油で煮詰めて塗る方法などが紹介されています。

【 斎藤別当実盛公像 <右写真>】
 埼玉県妻沼町の妻沼聖天山にある、斎藤別当実盛公像は、平成8年、お開扉の記念事業として建立されました。
右斎藤別当実盛公像手に筆、左手に鏡をもっているのは、実盛公が老兵と悟られないように髪を黒く染めて出陣したという史実にもとづいています。


作品所在地:妻沼聖天山
写真提供:熊谷市観光協会