ヘアカラーリング製品の特徴を理解しましょう

ヘアファッション意識の高まりから、ヘアカラーリングはイメージを変える手段として幅広い世代に受け入れられています。理美容室では、お客様の「要望」、「髪質やコンディション」、「体調」などカウンセリングしながら、薬剤を選定し、様々なお客さまの好みに応えられるよう、多数の色を用意してあります。また、新しく生えた部分と既にヘアカラーした部分で薬剤の使い分けやハイライトやホイルワークなど理美容師さんならではのテクニックもあります。このようなサロンカラーは、きっとあなたの魅力をより多く引き出し、素敵に変身させてくれるでしょう。ヘアカラーリング製品の種類や注意しなければいけないことなどを聞いてみましょう。

ヘアカラーリング製品の分類

自分の好みや目的に合うものを見つけるために、ヘアカラーリングの種類とその特徴を理解しておきましょう。

 

ヘアカラーリング製品の分類の詳細

永久染毛剤【A】

医薬部外品に該当し、ヘアカラーリング製品の中では、毛髪を染めたり(染毛効果)や毛髪を明るくしたり(脱色効果)することにすぐれている製品です。ヘアカラーをする前に毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行って下さい。

 

A-1 酸化染毛剤(ヘアカラー)

通称

ヘアカラー / ヘアダイ / 白髪染め / おしゃれ染め / おしゃれ白髪染め / ファッションカラー

製品タイプ

クリームタイプ / 乳液タイプ / 液状タイプ / エアゾールタイプ / 泡タイプ / 粉末タイプ

特徴

  • 黒髪を明るく染めるおしゃれ染めから白髪をしっかりカバーする白髪染めまであり、2~3か月間色持ちします。
  • 「パラフェニレンジアミン」、「メタアミノフェノール」、「パラアミノフェノール」、「トルエン-2,5-ジアミン」などの酸化染料を含む1剤と過酸化水素を含む2剤からなり、ヘアカラー時に混合して使用します。
  • 「酸化染料」が体質や体調などの変化によりアレルギー反応をおこす場合がありますので、毎回パッチテストを行う必要があります。

 

A-2 非酸化染毛剤

通称
オハグロ式白髪染め

製品タイプ
クリームタイプ

特徴

  • 色調は黒~黒褐色で、白髪染めとして使用し、約1か月間色持ちします。
  • 酸化染毛剤でかぶれやすい人でも使用できる場合があります。

 

脱色剤・脱染剤【D】

医薬部外品に該当し、ヘアカラーリング製品の中では、毛髪を明るくしたり(脱色効果)、毛髪に残っている染料を分解したり(脱染効果)することにすぐれている製品です。

 

D-1 脱色剤

通称
ヘアブリーチ / ヘアライトナー

製品タイプ
液状タイプ / クリームタイプ / 泡タイプ / スプレータイプ / パウダー混合タイプ

特徴

  • 毛髪を明るくしたい人が使用します。
  • 過硫酸塩*が配合されている製品は、髪をかなり明るくする効果があります。
    *過硫酸塩:過硫酸アンモニウム、過硫酸カリウム、過硫酸ナトリウム

 

D-2 脱染剤

通称
ヘアブリーチ

製品タイプ
スプレータイプ / クリームタイプ / パウダー混合タイプ

特徴

  • 毛髪に残ったヘアカラーの染料をとる時に使用します。ただし、ヘアカラーで黒く(濃く)染められた色やヘアマニキュアの色をとることは難しいです。

 

半永久染毛料【B】

化粧品に該当し、1回の使用で色素が毛髪の内部まで浸透することで染毛、または、数回連続使用していくうちに、色素が毛髪の表層部に徐々に浸透することで染毛する製品です。

 

B 半永久染毛料(1回の使用で染まるタイプ)

通称
ヘアマニキュア

製品タイプ
エアゾールタイプ / ジェルタイプ

特徴

  • 色持ちは約2~4週間です。
  • 繰り返し染めても毛髪の傷みはあまりありません。

 

B 半永久染毛料(連続使用して徐々に染まるタイプ)

通称
カラートリートメント / カラーリンス

製品タイプ
クリームタイプ

特徴

  • 連続使用して徐々に毛髪を染めることができます。
  • 繰り返し染めても毛髪の傷みはあまりありません。
  • 皮膚につくとすぐに取れにくいことがあります。

 

一時染毛料【C】

化粧品に該当し、毛髪の表面に着色剤を付着させて、毛髪を一時的に着色する製品です。

 

C 一時染毛料(シャンプーで洗い流せるタイプ)

通称
ヘアマスカラ / ヘアカラースプレー / ヘアマーカー / ヘアファンデーション

製品の形態
マスカラタイプ / エアゾールタイプ / パウダータイプ / マーカータイプ

特徴

  • 塗るだけなので、手軽に使用できます。
  • 一度のシャンプーで洗い流せます。