ヘアカラーリング製品の分類(詳細)

ヘアカラーリング製品の分類

永久染毛剤(医薬部外品)

永久染毛剤【A】

医薬部外品に該当し、ヘアカラーリング製品の中では、毛髪を染めたり(染毛効果)や毛髪を明るくしたり(脱色効果)することにすぐれている製品です。ヘアカラーをする前に毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行って下さい。

 

A-1 酸化染毛剤(ヘアカラー)

通称

ヘアカラー / ヘアダイ / 白髪染め / おしゃれ染め / おしゃれ白髪染め / ファッションカラー

製品の形態(剤型)

クリームタイプ / 乳液タイプ / 液状タイプ / エアゾールタイプ / 泡タイプ / 粉末タイプ

特徴

  • 黒髪を明るく染めるおしゃれ染めから白髪をしっかりカバーする白髪染めまであり、2~3か月間色持ちします。
  • 「パラフェニレンジアミン」、「メタアミノフェノール」、「パラアミノフェノール」、「トルエン-2,5-ジアミン」などの酸化染料を含む1剤と過酸化水素を含む2剤からなり、ヘアカラー時に混合して使用します。
  • 「酸化染料」が体質や体調などの変化によりアレルギー反応をおこす場合がありますので、毎回パッチテストを行う必要があります。

 

染毛のメカニズム

アルカリにより毛髪が膨潤され、酸化染料が毛髪中に浸透し、酸化して結びつくことで発色します(染毛作用)。同時に、過酸化水素の作用によりメラニン色素が分解され髪色を明るくします(脱色作用)。

ヘアカラーリング製品の使用前・使用後毛髪断面図

アルカリが髪を膨潤させて、過酸化水素がメラニンを脱色。同時に入った染料を酸化して染毛する。
●メラニン色素
脱色されたメラニン色素
酸化染料が酸化されて生成した色素
酸化染毛剤のご使用にあたって

ヘアカラーは使用説明書をよく読んで正しくお使いいただければ安心してご使用いただける製品です。しかし、体質や体調などの変化によりかぶれを起こしてしまうことがあります。また、これまでかぶれることなく使用していた製品であっても、花粉症のように突然に症状がでることがありかぶれに気付かずヘアカラーを繰り返すと重いアレルギー反応を起こすことがあります。ヘアカラーを使用する前には、毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。そして、過去にヘアカラーでかぶれたことのある方やパッチテストで異常を感じた方は絶対に使用しないでください。

 

A-2 非酸化染毛剤

通称
オハグロ式白髪染め

製品の形態(剤型)
クリームタイプ

特徴

  • 色調は黒~黒褐色で、白髪染めとして使用し、約1か月間色持ちします。
  • 「タンニン酸」や「ピロガロール」などの多価フェノールを含む1剤と「硫酸第一鉄など」を含む2剤からなり、まず毛髪へ1剤を塗布した後、その後、2剤を塗布します。
  • 酸化染毛剤でかぶれやすい人でも使用できる場合があります。
  • パーマがかかりにくいこともあります。
  • アレルギー反応をおこす場合がありますので、毎回皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行う必要があります。

 

染毛のメカニズム

毛髪中で多価フェノールと鉄イオンによって黒色の色素をつくりだします。

ヘアカラーリング製品の使用前・使用後毛髪断面図

毛髪を少し膨潤させた状態で、
多価フェノールが空気酸化や鉄イオンで黒くなる
●メラニン色素
酸化染料が酸化されて生成した色素
非酸化染毛剤のご使用にあたって

非酸化染毛剤は使用説明書をよく読んで正しくお使いいただければ安心してご使用いただける製品です。
「酸化染料」は使われていませんが、まれにかぶれを起こすことがありますので、酸化染毛剤と同様、使用前には毎回必ずパッチテストを行ってください。

 

脱色剤・脱染剤(医薬部外品)

 

脱色剤・脱染剤【D】

医薬部外品に該当し、ヘアカラーリング製品の中では、毛髪を明るくしたり(脱色効果)、毛髪に残っている染料を分解したり(脱染効果)することにすぐれている製品です。

 

D-1 脱色剤

通称
ヘアブリーチ / ヘアライトナー

製品の形態(剤型)
液状タイプ / クリームタイプ / 泡タイプ / スプレータイプ / パウダー混合タイプ

特徴

  • 毛髪を明るくします。
  • 毛髪を染める作用はありません。
  • 1剤式、2剤式、3剤式の様々なタイプの製品があります。
  • 過硫酸塩が配合されている製品は、髪をかなり明るくする効果があります。

*過硫酸塩︓過硫酸アンモニウム、過硫酸カリウム、過硫酸ナトリウム

 

脱色のメカニズム

過酸化水素の作用によりメラニン色素が分解され髪色を明るくします(脱色作用)。過硫酸塩を配合した製品では、メラニン色素をより分解し、毛髪をかなり明るくすることができます。

ヘアカラーリング製品の使用前・使用後毛髪断面図

メラニンがうすくなる。
●メラニン色素
脱色されたメラニン色素
過硫酸塩を配合した脱色剤のご使用にあたって

脱色剤は使用説明書をよく読んで正しくお使いいただければ安心してご使用いただける製品です。過去に過硫酸塩を配合した脱色剤でかぶれたことのある方は絶対に使用しないでください。過硫酸塩を配合した製品では皮膚アレルギー試験(パッチテスト)はできません。

 

D-2 脱染剤

通称
ヘアブリーチ

製品の形態(剤型)
パウダー混合タイプ / クリームタイプ

特徴

  • 毛髪に残ったヘアカラーによる髪色をとる時に使用します。ただし、黒く(濃く)染められた色やヘアマニキュアの色をとることは困難です。
  • 毛髪を染める作用はありません。
  • 2剤式、3剤式の様々なタイプの製品があります。
  • この製品には過硫酸塩が配合されています。
  • 毛髪の手入れが十分でない場合、毛髪を傷めるおそれがありますから、ご使用後は毛髪の手入れを十分にしてください。

 

脱染のメカニズム

過酸化水素と過硫酸塩の作用により毛髪に残った色素を分解します(脱染作用)。

ヘアカラーリング製品の使用前・使用後毛髪断面図

一度染められた色素がメラニンとともにうすくなる。
●メラニン色素
脱色されたメラニン色素
酸化染料が酸化されて生成した色素
分解された色素
過硫酸塩を配合した脱色剤のご使用にあたって

脱染剤は使用説明書をよく読んで正しくお使いいただければ安心してご使用いただける製品です。過去に過硫酸塩を配合した脱染剤でかぶれたことのある方は絶対に使用しないでください。過硫酸塩を配合した製品では皮膚アレルギー試験(パッチテスト)はできません。

 

 

半永久染毛料【B】

 

化粧品に該当し、一回の使用で色素が毛髪の内部まで浸透することで染毛したり、数回連続使用していくうちに、色素が毛髪の表層部に徐々に浸透することで染毛したりする製品です。「ヘンナ(ヘナ)及びヘンナ由来物を含有する製品※」は永久染毛剤(医薬部外品)に準じて、染毛する前に毎回必ずパッチテストを行って下さい。また、半永久染毛料の中には、企業が自主的にパッチテストを行うよう指示している製品もあります。
ヘンナ(ヘナ)及びヘンナ由来物を含有する製品※︓平成18年9月6日薬食安発第0906001号厚生労働省医薬食品局安全対策課長通知「ヘンナ及びヘンナ由来物を含有する頭髪用化粧品類等の使用上の注意事項について」

 

B 半永久染毛料(1回の使用で染まるタイプ)

通称
ヘアマニキュア

製品の形態(剤型)
エアゾールタイプ / ジェルタイプ

特徴

  • 色持ちは約2~4週間です。
  • 繰り返し染めても毛髪の傷みはあまりありません。
  • 頭皮などの皮膚や爪についてしまうと、すぐにはとれにくいことがあります。
  • アレルギーは少なく、酸化染毛剤(ヘアカラー)でかぶれた人が代替品としても使用しています。
  • 汗や雨などで色落ちすることがあります。皮膚や衣類、床・洗面台・家具などにつくと、すぐには落としにくいこともあります。

 

染毛のメカニズム

黒色401号などの酸性染料が配合され、酸性下で毛髪を染めます。

ヘアカラーリング製品の使用前・使用後毛髪断面図

毛髪を少し膨潤させた状態で、
多価フェノールが空気酸化や鉄イオンで黒くなる
●メラニン色素
色素(酸性染料)
B 半永久染毛料(連続使用して徐々に染まるタイプ)

通称
カラートリートメント / カラーリンス

製品の形態(剤型)
クリームタイプ

特徴

  • 繰り返し使用することで徐々に染まります。
  • 繰り返し染めても毛髪の傷みがあまりありません。
  • シャンプーのたびに、少しずつ色落ちします。
  • アレルギーは少なく、酸化染毛剤(ヘアカラー)でかぶれた人が代替品としても使用しています。
  • 汗や雨などで色落ちすることがあります。

 

染毛のメカニズム

塩基性茶16などの染料が配合され、弱酸性~弱アルカリ性下で毛髪を染めます。

ヘアカラーリング製品の使用前・使用後毛髪断面図

表面についた色素の一部が
キューティクルの間を通って、内部に浸透して色がつく。
●メラニン色素
色素(塩基性染料などの染料)

 

一時染毛料【C】

化粧品に該当し、毛髪の表面に着色剤を付着させて、毛髪を一時的に着色する製品です。

 

C 一時染毛料(シャンプーで洗い流せるタイプ)

通称
ヘアマスカラ / ヘアカラースプレー / ヘアマーカー / ヘアファンデーション

製品の形態(剤型)
マスカラタイプ / パウダータイプ / マーカータイプ / エアゾールタイプ

特徴

  • 塗るだけなので、手軽に使用できます。
  • 繰り返し染めても毛髪の傷みがあまりありません。
  • 一度のシャンプーで洗い流せます。
  • 汗や雨などで色が落ち、衣服を汚すこともあります。

 

染毛のメカニズム

顔料などの着色料を毛髪の表面に付着させて、一時的に毛髪を着色します。

ヘアカラーリング製品の使用前・使用後毛髪断面図

表面に着色剤がつく。
●メラニン色素
着色剤(顔料など)